メカ妄言「戦闘メカ ザブングル」(3)

Xabungle Paranoia 3

二万年後に製作予定の海外同人実写版「The Bungle 0896」用妄想

2018/10/21 最終更新

はじめに
メカ妄言-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8
ウォーカーマシン(1) ウォーカーマシン(2) ウォーカーマシン(3) ランドシップ
メカ・ロン-1 −2 −3 Blowning-1 -2 -3
書籍リスト 模型誌リスト 模型リスト メカアートリスト その他リスト


■【妄想】海外実写版「The Bungle」のメカ【一覧図】



  2014/5/30画像差し替え。2018/9/3画像差し替え。2018/10/18画像差し替え(キングコブラ砲、ナイトホークの麦藁帽子化、ブラックホークの葉巻ガンを追加修正)
雑記09-12/20 Ver.1 雑記14-4/24Ver.2 雑記14-5/28 Woodsman  & Blackhawk

雑記14-6/2 pre naming (1983)

 


2012-(6/24)、2013-(6/12)、2014-(1/29、4/22,24,25,27,30、5/15,16,26,28,30、6/7,20,25)、2015-(1/4、3/22)、2016-(6/26)、2017-(6/23、7/27、12/26)、2018-(1/20、2/9,27、9/3、10/18、10/21)
■(海外用に)ネーミングをリデザイン妄想する

『Planet Zora Story』 (Blue Gale The Bungle)

名称 English Name Fansub
Name
意味
妄想名称 Paranoiac Name 俗称、異名 妄想設定
戦闘メカ ザブングル Blue Gale Xabungle Combat Mecha Xabungle   Blue Gale The Bungle          
戦闘メカ - Combat Mecha   -永久抹消-        
ウォーカーマシン Walker Machine   ルームウォーカー Google パースエイダー Persuader(調停者、説得者、武器、銃) ウォーカーマシン、ランドウォーカー 走行、ジャンプは不可能
(小説版に準じる)
トンプソン・サブマシンガン(1916)

 2018/2/27 「戦闘メカ ザブングル」追加。


Persuader(PA) list

公式名称 Official Name Fansub
Name
元名称と思われる地球語 妄想名称 Paranoiac Name 俗称、異名 公式
全高
(作画設定)
妄想高さ 公式出力
(hp)
妄想出力(推定) 妄想設定 銃(主に採用年)
  タンネンベルク WMC-01 (C-01) Tannenberg           最古のパースエイダー。BSではなく黒遺物採掘に使われた。 (14世紀)
センドビード Sendvead 台詞無し センティピード/Centipede(ムカデ), send bead(珠を送る) スプリングフィールド WMC-61 (C-61) Springfield クローバグ(Craw Bug) 17.1 7.8 12,000 370 heavy PA
ダスティ・ホッターが使用(Dusty Hotter special)
M1861
オットリッチ Ottrich オストリッチ/Ostrich(駝鳥) ボーチャード WM-01 (C-93) Borchardo 駝鳥(Ostrich) 18.2 7.6 11,000 360 heavy PA
C93(1893)
クラブ Crab 調査中 (蟹) ブルドッグ
○マグ・パグ
WM-05 (C-73) Bulldog
Mag Pug
  9.3
(10)
5.5 13,000 90 middle size PA
鼻にマシンガン
チャーターアームズ(1973)
ダッガー Dugger ○(21) ズバットのダッカー団 ルガー
○ネイビー
○カービン
○アーティラリー
○パラベラム
WM-08P Luger
Navy
Carbine
Artillery
Parabellum
  16.9
(17)
7.7 24,000 280 large size PA
初期型は「オールドモデル」、改良型は「ニューモデル」と区別される
P08(1901)
        グリセンティ WM-10 Glisenti           BGM集2のアレ (1910)
ギャロップ Gallop 調査中 (駆け足) ベレッタ WM-15 Beretta   7.8
(6)
4.9 16,000 100 small size PA M1915
        グロック WM-17 Glock           スカルラット団三悪人の「Dr.Boyack」が使用 Glock 17
        コンバットマグナム WM-19 Combat Magnum             S&W M-19
        ワルサーPPK WM-31 Walther            カプリコ没 PPK(1931)
トラッド11 Trad 11 Trad tradition(伝統) レイヴン WM-25 Raven トラッジ・レイヴン(Trudge Raven) 8.2 5.1 16,000 110 small size PA MP-25(1970)
        ワルサーP38 WM-38P Walther           カプリコ没
三悪人の「Thone zu」が使用
P-38(1937)
        ドライゼ WM-41Dreyse           VLKR-2 (1841)
        リバレーター WM-45 Liberator           なんとなく FP-45(1942)
        ウォーカー・コルト WM-47 Walker Colt            普及型。続編の主役(改造機) Colt Walker(1847)
プロメウス Promeus プロメテウス/Prometheus
プロテウス/Proteus
コブラ WM-50 Cobra   13.8
(14.5)
7.6 24,000 290 large size PA
小柄で四角いプラモ版
コルト(1950)
        トルーパー
○トルーパーMk-V
○トルーパーMk-X
○ボア
WM-53 Trooper
Trooper Mk-V
Trooper Mk-X
Boa
         

○ボアはMk-Xとパイソンとの合成
コルト(1953)
        ヴォルカニック WM-54 Volcanic              
カプリコ Caprico Capricorn カプリコーン/Capricorn、もしくはカプリシャス/Capricious(きまぐれ) パイソン
○パイソンハンター
○ダイアモンドバック
WM-55 Python
Python Hunter
Diamondback
  19.3 8.9 28,000 300 large size PA
○長身モデル
○廉価版
コルト(1955)
        ダックフット WM-56 Duck Foot             A Rare 56-Bore "Duck's foot" pistol
ブラン Bulrun (31訳無し) Buran(ソ連のシャトル、吹雪) スコーピオン WM-61Vz Scorpion   3.2 5.3 23,000 120 small size PA 短機関銃Samopal vzor 61(1961)
レッグ Legg 調査中(35訳無し) Leg(脚) デリンジャー WM-66(D-95R) Derringer 蚤(Flea)、バッタ(Hopper) 2.4 2.6 950 10 mini size PA  レミントン Model 95(1866)
ホッグ Phogg 台詞無し Hog(ハーレー、豚) アパッチ・ナックルダスター WM-69 Apache knuckle duster ペッパーボックス(Pepper Box)、コショウ箱 3.3 3.7 1500 15 mini size PA Dolune Apache Knuckle duster(1869)
  ピースメーカー WM-72 Peace Maker
        ウィンチェスター WM-73 Winchester              
        デザートイーグル WM-79 Desert Eagle          
        ランカスター WM-81 Lancaster             (1881)
ドラン Durun Doran
(40予告のみDurun)
不明(女優アン・ドラン?) ドラグーン

○ベビードラグーン
WM-84 Dragoon

WM-84p Baby Dragoon
  15.4

8.2

17,000×4
+8700
680
+87
big size PA
完全に飛ぶ事はできない。市販はされていない。通常に目にするのは2nd.モデル

コルト M1848

M1848ポケット
プロメウス・エース(プロメウスA) Promeus Ace(Promeus A)     キングコブラ
○グリズリー
WM-86 King Cobra
Grizzly
  13.8
(14.5)
8.4 24,000 340 large size PA
画像は特注品(”Hora the Kid”Special)
○パイソンとの合成
コルト(1986)
バルキリ VLKR(※初期スペルValkyrie)   バルキリー ○レインメイカー
ライトニング
○サンダラー
WM-87(c32)Rainmaker
WM-87(c38)Lightning
WM-87(c41)Thunderer
VLKR(Verticalfly Land Kick Rotor ) 推定23.4 10.4 33,000×2
+18,000
660
+180
big size PA
○初期型(腕が異る)、強化改修型の三種含め広義にライトニングと呼ばれる
コルト M1877
ガバメント Government   (政府、公用) ガバメント(イノセントモデル)、(シビリアンモデル)

○ガバメント(A1)
WM-91i Government(Innocent model),(civilian model)
WM-91A1 Government(A1)
  15.2
(14)
7.7 30,000 310

320
large size PA
なんだかずんぐりプラモ版
コルト M1911
        ベルグマン WM-94 Bergmann           VLKR-4 ベルグマンM1894
        マウザー WM-96 Mauser           三悪人の女リーダー「Dorothy Mickrat」が使用  
ガラバゴス Galabagos ガラパゴス/Galapagos アナコンダ WM-99 Anaconda
WM-99(45LC)
  20.25 9.8 33,000 420 large size PA
パイソンに似ているが、キングコブラの後継機
コルト(1990)
        キャリコ WM-100 Calico           M-100 キャリコ(1986)
        ハイスタンダード・デリンジャー WM-D101 Hi-Standard Derringer           mini size PA  
ガバメント(ティンプ用) Government   ○ナイトホーク
ナイトホーク・カスタム
WM-109 Knighthawk
WM-109 Knighthawk Custom
  15.2
(14)
8.1 30,000 350 カスタムは全身にブチ穴。銃はピースメーカー×2 M1911ナイツホークカスタム('09)('10)
ザブングル Xabungle ?-bungle(マヌケじゃない) ブローニング WM-110 Blowning 青い奴(Blue guy) 17.8
(17.5)
8.2 33,000 329.6 large size PA
これのみスペルが実銃と異なります。ジロン機は姿が「壊」、「壊二」へ変化
FN Browning M1910
ウォーカー・ギャリア Walker-Gallia Walker Galliar(rが追加) galling? ウッズマン WM-127 Woodsman
(Woody vehicle、Wood hopper + Woody trike)
ガメラー(Gamellar)、ウォーカー・ガメラ 18.6 8.8 42,200 422 large size PA
Gビークルに変形、Gホッパー(腕はなし)とGトライクに分離
コルト(1915)。ウッズマンの名が付いたのは1927年
        ブローニング・ハイパワー
WM-135 Blowning Hi-Power
         続編の敵の量産型 (1935)
        ドラグノフ WM-137 Dragunova            狙撃銃(1964)
ブラッカリィ
Brockary brock(穴熊、卑劣漢) ブラックホーク

○バケーロ(普及型)
WM-155 Blackhawk
(Black dahlia + Blacky-walker)
WM-155R Vaquero
  16.5 9.5 30,000

25,000
440

420
large size PA
飛行は不可能。
○R型は胸部とローターが異なる
スタームルガー(1955)。
        スーパーブラックホーク WM-159 Super Blackhawk            (1959)
        スペンサー WM-165 Spencer            ライフル(1865)
        レッドホーク WM-179 Redhawk            (1979)
        ブローニング・ハイパワーMk.II WM-181 Blowning Hi-Power Mk.II             (1981)
        デザートイーグル WM-182 Desert Eagle             (1982)
        ブローニング・バックマーク WM-185 Browning Buckmark             (1985)
  ホワイトホース WM-197 White Horse ブラックホークとドラグーンの長所を合わせ持ち、翼で滑空可能な最強のPA 趣味で作られた当時最強のハンドメイド銃(1970年代)
        テラ  WM-202 Tera ウォーカー・ガリー2世(Walker Gally U)         合体する。続編後半の主役。 二式テラ(1942)

○「型式番号」…法則性が通常と異なり、マイナーチェンジでも新規の番号が振られる事が多い。
○「作画高さ」…作画用対比設定。公式設定とは矛盾する。
○「妄想高さ」…数値は正確な物ではない(膝を曲げた状態か伸ばした状態かは不明)。
 2015/3/22 BerettaとDreysekの文字をなぜか入れ忘れていたので補填。
 2016/26 アパッチを「アパッチ・ナックルダスター」に変更(名称に〜リボルバーや〜ピストルを使わないなら、〜ナックルダスターも同様にダメ…と考えてたけど別にいいか)。デザートイーグルの型番をWM-182に修正。ブローニング・ハイパワーMk.II追加。ダスティ・ホッター追加。
 2017/6/23 スプリングフィールドを[WMC-61←WM-01]、ブラックホークを[155←132]に変更、(Dusty Hotter special追加)。絵と食い違いが生じるのは嫌なので、長らく変えあぐねていました。
 2017/7/27 (PA)追加。
[”Hora the Kid”Special]←[KH-Special]、ヴォルカニック、ピースメーカー、ウィンチェスター、ハイスタンダード・デリンジャー追加。

 2017/12/24 グロック、マウザー追加。ワルサーのドライバー名追加。「WM-122 Blowning.22を削除」(WMV用に降格)。[G-hopper←G-saucer]、[G-trike←G-wheel]。
 2018/1/20 テラ追加。
 2018/2/9 コンバットマグナム、キャリコ、ホワイトホース追加。「壊」、「壊二」の注釈追加。
 2018/2/27 『Fansub Name』追加。
 2018/9/3 [(Woody vehicle、Wood hopper + Woody trike)←(G-vehicleG-saucer + G-wheel)]、[(Black dahlia + Blacky walker)←(B-rotor + B-walker)]
 2018/10/18 タンネンベルク追加。 ボーチャードを01に変更。
 2018/10/21 mini、 small、medium、large、big を追加。


Machine & Landship list

カテゴリー 公式名称 Official Name 元名称と思われる地球語 妄想名称 Paranoiac Name 妄想設定
ホバーマシン ホバギー Hobuggy hover + buggy ホッギー Hoggy 原理的に飛べてしまうため変更
      ホバーバギー Hover Buggy ホバージープよりも小型(2018/10/18)
自動車兼航空機 ブングル・スキッパー Bungle-Skiper bungle(まぬけ)+skipper(逃げる人) -抹消-    
ブングル・ローバー Bungle-Rover rover(歩き回る人、浮浪者、海賊、英の自動車メーカー) -抹消-    
自動車 ザブングル・カー Xabungle-Car   -抹消-    
ランドシップ デラバス・ギャラン Deravace・Galan gallant(勇敢、華美、壮観) デ・ラ・パス(2017/7/27)  Derabus Gallant(変更の可能性あり)De La Paz(2017/7/27)  
ガバリエ Govarie   カヴァリエ
アスピス・カバリエ(2018/10/21)
Cavalier(騎士)
Aspis Cavalie(2018/10/21)
 
ガバン Goven サラッペの一種ガバン? スペルは「フランスの地名ゴヴェン」…合わない 不使用(2017/7/27)  Gaban(変更の可能性あり)  

 2014/6/25作成(.ホバーマシンの項を除く)
 2015/1/4 「全長」の項を削除
 2017/7/7 修正
 2018/9/3 修正
 2018/10/18 ホバーバギー追加
 2018/10/21 修正


2014/6/25

○「Machine & Landship list」の表を新規追加。 この「同人ハリウッド実写版妄想」では「誤った英語」は一切用いません。
○ブラッカリィの公式スペルを誤って「Blockary」としており、公式出力も誤って記載していました。あまりに初歩的なミスに長く気付かず申し訳ありません。発音上は「ブロッカリィ」でも、私の勘違いである「ブロック」と「卑劣漢(&アナグマ)」では、的確度が大きく異なります…という訳で「black(or block?)」との浅はかなツッコミを削除、正しいと思われる物に変更しました。
○ルガーに「カービン」追加、初期型云々追加。
○WMの開発順に関しては、既存の説(6/24の雑記参照)とは変えており、見ての通り銃と同じにしています。ルガーはもっと遅い方がいいのですが、P08は動かせないので。ドラグーンは意図的に古くしています(5/39の雑記参照)。
○公式の「可動時間設定」に関しては、完全無視のスタンスです。ちなみにガソリン一リットルの稼働時間はザブングル(113t)は10分、レッグは13.1分(7.5t)とさほど変わらないのですが、いかなる摩訶不思議な物理法則に基づく物か不明です(ところでレッグはスコタコより重いのですが、750kgくらいが適当な感が)。
○出力については、「ガラバゴスとザブングルが同じはおかしいだろ」という観点からいじってます。これについては、物理学重視の姿勢に異論は少ないかと。
○カプリシャス追加、ケイブンシャ大百科155における推測より。あ、ま、町山先生…!




2015/1/4

○ルガー全高[m]←[7.4m]
○ギャリア[Gビークルに変形、Gソーサー(腕はなし)とGホイールに分離]←[Gローター(腕はなし)とGモービルに分離]
○LSの全長を削除。



2014/6/20

○「WM-91i (Innocent model)」、「WM-91A1」、「ブローニング.22」「WM-185 バックマーク」追加。バケーロの出力を変更。

■知られざるWM(ウェブ上に情報無し)
○「2フロントウィンドウ型クラブタイプ」。テレビ画面にはしっかり登場。『記録全集(1)』と『ケイブンシャのメカ大百科155』を参照。
○第二話にチラと出てくる三体。うち二体は出渕ラフが元。
○「クラブタイプ改良型改良試作型(2017/5/9)。『講談社ポケ百科25ロボット大全集8』に掲載されたWMV(ウォーカーマシン・バリエーション)第一号。
○『グレメカDX(2007 SUMMER)』のタンデム複座トラッド11他。田中むねよし氏。
 (以下の4つは、4/24からの移動)
○BGM集2のポスターに描かれた機体(湖川オリジナル)。RAを参照。
○「フライ・ウォーグU」(記録全集4)。ドランとガラバゴスの合成の様な機体。文字のみ。
○「ミドルランドタイプ」(小説版1巻のジロンの父の機体)。弱い老朽型。文字のみ。
○小説版(1巻)のキャリングの機体。顔の絵のみ存在、カプリコに似ている。
 あと、近藤氏が漫画で色々変えまくってるのは間違いないはず…(←とっとと画集買え)。

■つぶやき
○「メモ」…ザブングルタイプの公式設定画は「一般的な物」「ディテール減らし版(パンツ左右の赤い部分を黄に塗りミス)」「玩具用ディテール版」の三つが存在、動画のザブングルは「ディテール減らし版」から更に線が減っており、右胸の縦線が無い。
○公式名称のスペルについては、 私の脳内スペルは言うまでなく公式とは異なり、ブラッカリィはBlackary、ドランはDran、ブランはBuran、センドビードはSendbead、ホッグはHogですが、無論永久に妄想です。
○図のキングコプラ等は、実はわざと若干大きめに描いています(ちなみに公式より小さい場合はこの逆で小さく描きます)。理由は無論、変更点をオーバーにする事で差異を伝わりやすくするため及び、二万年後に小さくアレンジされてしまう事を見越しての措置です。
○運転席〜機銃間は基本的に通路(かなり狭い)で行き来が可能。背面のハッチから外に抜けられる機種もあり。


2014/6/7

○表にナイトホーク(無印)を追加、穴が(以下略)。

 ウォーカーマシンの名称は良く間違われます。
雑記14-5/15
 ちなみに書籍においても、ガラパゴスは辰巳出版『栄光の80年代ロボットアニメ』 他多数、ダッカーは双葉社<『戦え!全日本アニメロボ大全集 70〜80年代篇』他多数。プロメテウスは(以下略)。公式出版物でもこれなので、ましてや…。

 ところで上の両者の本とも、ブラッカリィの絵が全く無くて寂しいです(センドビードはしっかりあるのに…)。カラー設定画は一迅社『〜完全設定資料集』にも掲載されていませんが、画稿は存在します(EB参照)。


2014/5/30

○画像差し替え、ドラグーン等の線を修正(名称、型番は無変更)。ウォーカー・ガメラ追加。


2014/5/28

○画像差し替え。ウッズマンを[WM-127← WM-115]に変更。
○「ダックフット」「トルーパー」「マグ・パグ」「ルガー系三種」「パイソン系ニ種」「ベビードラグーン」「グリズリー」「WM-99(45LC)」「バケーロ」「ランカスター」追加。ウィンチェスターを再削除(←消した理由をすっかり忘れてました、ガンドライバーと主役名が被るためアウト)。

○地球語を全て補完(ダッガーのみ不明、当時良くダッカーと誤記されたのはズバットが原因か?)。
※「ブラッカリィ=バケーロ」につき、コンパチで。「バルキリ=レインメイカー」も同じく。(←二万年後の外国人へ私信)。
※妄想重量は全て不明。3D-CGを起こして容積を出さない事には決められません。


2014/5/26

○画像差し替え(ウッズマンとブラックホークをようやっと彩色、ブルドッグとレッグを二機に増量、コブラ色調変更、アナコンダに顔追加、ナイトホークとスコーピオン彩色修正)。ナイトホークとブラックホークは本当は真っ黒(&ガンメタ)なのですが、二次元上では彩色不可能なので緑と紺にしています。
○[Verticalfly Land Kick Rotor ←Vertical Lift Knocking Rover]
○元名称にCentipede追加。
○レインメイカー追加(デザインは伊藤コミック版を想定)、サンダラーをWM-87シリーズに統合。


2014/5/18

○画像差し替え。
○最初の図(4/22にアップして24日に削除)を再アップしました。
○リストバンパーとボトムバンパー追加。ドラグーン加筆。ライトニング加筆&高さを変更。
○ブラッホーク加筆、ダブルローターは角度可変式(元のままだとアヒルの様な尻のせいで効率が悪い)。
○俗称「トラッジ・レイヴン(トコトコ歩くカラス)」追加。5年前の「トカレフ」からかなり良くなりましたが、良くなって何の得になるのかは不明です。


2014/5/16

○画像差し替え(ブルドッグの鼻を変更、「1st.model」追加)。
○[WM-109 ← WM-111]、[WM-91i ← WM-91]に変更(ちなみに米国では911のナンバーに特別な意味あり)。
○[Head Hover + Body Willie ← G-rotor + G-vehicle]、「Gローター〜」、「Bローター〜」、「Walking Machine」追加。
○ライトニングとサンダラーの全高を変更。



2014/5/15

○[元名称と思われる地球語 ← paranoiac Name]。語源が「プロメテウス、ガラパゴス、オストリッチ、カプリコーン」が元であるとの推測は当時の出版物に既出。
○同項目に「×-bungle」追加。富野氏によれば「マヌケじゃない」ですが、「じゃあ"a"は何?」というギモンが…。
○同項目より[Blackary][Doran]を削除(単なる俺スペルは誤解を招く可能性があるため)。
○[WM-05 ← WM-02]、[WM-38P ← WM-38]、ランドウォーカー追加。

○「コショウ箱」追加。海外版想定において「ダジャレ(日本語)は厳禁」なものの、やりようによっては不可能でもないかと。
○[ウォーカー・ギャリア] ←[ウォーカーギャリア]。一般的には中黒は付かない事が多いのですが、「サンライズ記録全集」(=公式)に準じました。
○記録全集において、WMの名称には基本的に「〜タイプ」が付きますが、省かれている場合もいくつかあるため、付けずとも誤りではないと判断(ちなみにザブングルは大抵省かれ、ギャリアは滅多に付かず、トラッド11は付いたり付かなかったりですが、この三体だけ設定画に「タイプ」の飯塚文字が書かれてません)。
○表に今後追加する際は「実銃の原則」を守れば何でもアリなれど、「イングラム」は非存在(どう見てもイングラムなパロディをやる場合のみ可)。原則を破棄できるのは唯一、「ランドウォーカー」の様な「実物」を出す場合のみ。元の公式名称は「異名」というレベルでのみ存在(玩具商標として使用できない場合は商品名は当然こちら)。
○「メカ描写」はアニメ版とは別物。世界設定(世界観)は小説版準拠につき、ザブングルとアイアン・ギアーは変形などせず、WMはジャンプどころか走る事すらできません(異なる点は「ザブングルの全高、操縦席の位置、内蔵機銃の口径」といった点のみ)。リアリズムが徹底されストーリー自体が(以下削除)。


2014/4/30

※画像差し替え。
○[WM-15 ベレッタ ←WM-25 レイヴン]、[WM-25 レイヴン ←WM-33T トカレフ]、[WM-02 ブルドッグ ← WM-02 ナンブ]、グリセンティとウィンチェスターを再追加。


2014/4/28

※画像差し替え、ライトニングの高さを伸ばしてドラグーンをやや縮めました。
○「公式全高」「作画高さ」「妄想高さ」の三項目を追加。

○ライトニングはドラグーンより後の開発としましたが、公式設定上でのバルキリは「ドランの前段階のものと考えられる(記録全集4)」、「ドランタイプの原型機と推測される(完全設定資料集)」とされています。しかし元々の出渕氏への依頼内容、すなわち富野氏のプランは「ドランの発展型で重装備」です。
○携帯武装は基本的にドライバーの所有する銃を大型化した物につき、アナコンダはモーゼル、ナイトホークだとピースメーカー×2となります。ただしパースエイダーの手でリボルバーの装填はムリなので、特殊な詰め替え機構を設定するか、人力での装填(絵になるか?)となります。ただしウッズマンとブラックホークは、短銃ではなくライフルを使います。


2014/4/27

※画像差し替え、スコーピオン追加。
○表の下の註釈追加。
○ブレン(ブラン)をスコーピオンに変更。別の御大作品の主役メカと被るのは問題ですし、イメージ的にも一致しません(語感の類似だけで安直に決めるのは良くない様です)。
○[WM-02 ←WM-14]
○ウォーカーコルトを追加、普及型にして続編の主役を想定(不格好な旧式メカなれど大幅な改造がなされ、ボロマントで隠れた左腕に必殺装備あり)。続編の予告で大々的に公表されたブローニング・ハイパワーは、蓋を開けてみると実は悪党集団の量産ザコメカ…を日本でやろうとしたら無論バンライズに全力で阻止されるはずですが、海外実写映画が想定につきパターン破りもノープロブレム。でもって、主人公は流れ者の賞金稼ぎで、なじみの武器屋のオヤジ(ドッグシップ船長)の娘が大量のツケの催促に…以下妄想略。
○プロメウスやガラバゴスといった一文字変なネーミングに関しては「ゾラに単語が正しく伝わっていない」という裏設定があります(ちなみに小説版では「誤った言葉」のオンパレード状態)。レッグは公式のLeggの方がLegよりも良い気もします。
○ガメラは、小説版世界にもしギャリアが存在すれば間違いなくそう呼ばれるはずですが、海外版だと権利上の問題があるかもしれません。ちなみにザブングルの設定の謎や矛盾の考察を巷で見る事が少ない理由は、おそらくこの小説版が原因でしょう(ガメラがあるからといってギャグパロ作品などではなく、内容はシリアスでメカ描写もリアリズム)。


2014/4/25

○「銃」の項目を追加、備考追加(ブラックホークの型番は意図的)。「ホバギー」を新規追加。
○[WM-55 ←WM-56](何で56にしてたんだろ?)、[WM-41 ← WM-180]、[ワルサー(PPK) ← ワルサー(HP)※初期型]、[ワルサー(P38) ←ワルサー(P1)]、[ブレンMk.2 ← ブレン]、[ナイトホーク・カスタム ← ナイトホーク]、[WM-165 ← WM-186]、[WM-95 ← WM-95VIS]、[WM-91 ← WM-91MK-IV]に変更。ラドム、WM-10グリセンティ、ブローニングMk-Uを削除。ホッグの異名から Hog を削除。


■図に永久に入らない物

 「WMアイアンギアー」 、「ブングルスキッパー&ブングルローバー」。

■図に入っている余計なWM

○「ティンプ専用ガバメント(ナイトホーク)」。当初から出てくる弱いこげ茶色のガバメントは一体何? という疑問から。
○「プロメウス・エース(プロメウスA)」。キッド・ホーラ専用機は特別製(劇中のセリフには出てこない)で「飛びカッター」を持つ設定ですが、デザインはアニメ用もプラモ用も完全に同一です。なお、型番は見ての通り「マイナーチェンジでも新規の型番が付く」という変わった物です。つまり、多々ある表の欠落部分には膨大な知らぬ試作機群が…ではなく、単なるバージョン違いにすぎないというのが実際の所です(ン、何の実際なんだ?)(2017/5/9短縮)

■付記

 もしかしたら、こんな外道な事をしているのは世界初だったりして…。
 「名称及びデザインの変更」という物なら、FSS(ジュノーン←エルガイム)、出渕氏のオーラファンタズム(サーバイン←ダンバイン)、近藤漫画(Ζグスタフ)、ルーンマスカー(トリスタン←飛甲兵←ウインガル)、オーラバトラー戦記(カットグラ←ゲド)、フォー・ザ・バレル(ガンボーイ・ウィルバー←ガンダム)と前例があります。ただしそれらは世界設定(世界観)も変えた元作品には一切不干渉なパラレルであり、「名称自体が元作品にも適用される(海外版の名称にも使える)」などという事は、露ほども想定していないははずで(2016/6/26修正)、私の妄想はその点が決定的に異なります。

 こういった「名称だけを完全に変更(ネーミング自体のリファインで世界設定は同一)」というのは過去に思い出せません。元作品の世界設定だけを戦国時代や三国志や西遊記等にすげ変える事は良くありますが(主に女性同人が好む)、新規の名称は例外なく元の名前のアレンジです。もっとも古来より、日本の子供向けアニメが海外に輸出されると片っ端から変わってしまいますが、無論文化的な行為とは言い難い物があります。よって、「戦闘メカ ザブングルファン史」…いやもしかしたら「日本オタクファン活動史」において最狂の妄想なのかもしれません。


2014/4/24

※22日に上げた画像を差し替え。「異名」の欄を独立。
○[WM-25 レイヴン ←WM-09 ベレッタ]、[WM-69 アパッチ ←D-87 コップ]、[WM-110 ← WM-135]、[WM-115 ← WM-147]、[WM-132 ←WM-155]、 [M-55 ←WM-56]、[WM-66(D-95R)← D-95R]、[WM-94 ベルグマン ←WM-96 ベルグマン・ベアード]、[ブローニング・ハイパワーMk.2 ← ブローニングMk.2]に変更。スピットファイアー、モーゼル、D-50 Deringer(ベビー・デリンジャー)を削除。

※「図に入っていないWM」の項目を削除しました(追加分を6/19に掲載)。


2014/4/22

※画像削除(差し替えて不用となったため)。
※当頁を新規分割、(1)より独立。
○[D-50 Deringer ← D-50 Derringer]、[WM-84 ← WM-148]、[WM-87 ← WM-138]、[WM-95VIS ← WM-135VIS]、[WM-135 ← WM-93(WM-135HP ← WM-93HP)]


2014/1/29

○「ガバメント・カスタム」を「WM-111ナイトホーク」に変更。サンダラー追加、スーパーレッドホーク、WM-141Fジェリコ削除、[WM-138 ← WM-177]、ページの頭に「実写云々」を追加。


2013/6/11〜12

○「ウォーカーマシン」から「パースエイダー」に変更。ブローニングのスペルを[Blowning ← Browning]に変更(今描くとすごくかっこ悪くなりそう…)。ウッズマンの型式変更「147 ←115」、 ブラッカリィの妄想スペル追加(※混乱を招くため後に削除)、「WM-186 スペンサー追加、「WM-173 ウィンチェスター」削除。デザインは一応、28年前にできてます(未公表)。


2013/6/2

○表に「妄想スペル」を追加。「コブラ=プロメウス」としました。


2012/6/24

※表はページの頭に移動。
◯ネーミングは以前のままですが型式番号を大幅変更。スプリングフィールド、コップ(※2014/4/24 アパッチに変更)、ブレン(※2014/4/27 スコーピオンに変更)を追加し、ついでにVLKRバリエーション、存在しない機体(妄想未公表)も追加。

◯命名原則の例外は一切ありません。銃から持ってくるコンセプトは無論パトレイバーのパクリです。名称自体を変えてしまうのはオーラファンタズムや近藤漫画が先例。
◯名前の後に「タイプ(Type)」は付けませんのでよしなに。


 models
-2  Zatsubun  -4

G_Robotism